2009年10月06日

パパとふたりで のレビュー  著者:アリサ・サテン カプチーリ  イラスト:ティファニー ビーク  翻訳:片山 令子  出版:ポプラ社

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

同シリーズのママとふたりで (ポプラせかいの絵本)がとってもよかったので、
こちらも読み聞かせました。


パパとふたりで、
ハイキングをしたあのとき、
すなはまで かいをひろったあのとき、
おちばをあつめて やまをつくったあのとき、

〇〇したとき、△△したね、
と、子どもの目線で物語が展開されていきます。

主人公は、うさぎの親子なんだけど、
よく見ると、ねずみの親子もついてきます。
イラストを見るだけでも楽しい、
シンプルなしかけ絵本です。
(読み聞かせた時期 4歳5ヶ月)


untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪







posted by まる at 11:23 | 絵本の読み聞かせについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。