2009年11月28日

バーバパパのアフリカいき  のレビュー  著者:アネット チゾン/タラス テイラー   訳:山下 明生  出版:講談社

  評価:★★★☆☆


〔レビュー〕

バーバパパは、列車に乗って出かけようとしたけれど、
体が大きくて、乗ることができません。

動物達と一緒に、貨物列車に乗ることになりました。

貨物列車の中には、オリの中で、
シクシク泣いてる動物達。

アフリカに帰りたいよう。。。


たくさんの動物が出てくるのはいいんだけれど、
ストーリーが淡々と進んでいる感じがするのと、
バーバ家族の登場人物が1人というのも、
物足りないかな。

(読み聞かせた時期 4歳7ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪





posted by まる at 18:48 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。