2009年11月28日

ぬいぐるみだいすき のレビュー  著者:オフェリエ テクシエ  訳:きむら ゆういち  出版:そうえん社

  評価:★★★★☆


〔レビュー〕

「ぼくはワニオオカミ」シリーズのE。


ワニオオカミのガオガオは、
とってもコワイイ男の子。


ある日、ガオガオは、
仲良しのドドちゃんがいないことに気がつきました。

“あーん ドドちゃんがいないよう”


パパがやさしく手助けします。

“今日は、ドドちゃんと何をして遊んだんだい?”


ガオガオは、一生懸命思い出しました。

“あさおきて、ぎゅっとだきしめて、
それから、おいしゃさんごっこをして…”


さて、ドドちゃんは見つかるのでしょうか?





著者である、オフェリエ テクシエさんは、
フランスで人気の絵本作家です。
絵も文も、わかりやすく、
ストレートに心に入ってきますよ。

(読み聞かせた時期 4歳7ヶ月)



untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪





posted by まる at 19:05 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。