2008年09月19日

「がたんごとんがたんごとん」  著者: 安西水丸  出版社: 福音館書店


がたんごとんがたんごとん  評価:★★★★☆


リズムがいいので、読みやすく、絵も可愛い。
人気があるのは、納得です。
「がたんごとん」と、電車がやってくると
「のせてくださーい」。
赤ちゃんに身近なもの(りんご・スプーン・ねこ…)が、
次から次へとやってきます。
終点に着くとそこには…。
電車好きの息子は、喜んで見てました。
が、他にも、乗り物絵本があったからか、
飽きるのも意外と早め。なので星4つで。
posted by まる at 13:37 | 0歳の時に読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「赤ちゃんにおくる絵本(1)」  著者: 戸田幸四郎 /野呂昶   出版社: 戸田デザイン研究室


赤ちゃんにおくる絵本(1)  評価:★★★★☆


物語ではなく、赤ちゃんが日常的に出会うもの
(はな・ねこ・くつ・いちご等)を、
左ページに絵、右ページに文字、
で、集めた絵本。
このシリーズは、3冊出てますが、
本屋でパラパラめくったところ、
これが、一番、身近にある物が多かったので、
この一冊に絞りました。
線が太く、色使いがハッキリしてるので、
月齢が小さくても、興味を持ちやすいと思います。
0歳時代は、眺めるだけ、
1歳時代は、これなあに?と、ママが質問しながら、
2歳時代は、1人で絵を見て答えることができ、長く読めます。
posted by まる at 13:31 | 0歳の時に読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いいおかお」  著者: 松谷みよ子 /瀬川康男  出版社: 童心社



いいおかお  評価:★★★★☆


ふうちゃんが、ひとりで、
いいおかおをしていると、
猫・犬・像がやってきます。
そして、みんなで、「いいおかお」。
最後は、おかあさんがやってきて…。
とっても、心和むお話です。
息子は、ぞうさんがくる場面が大好きで、
ぞうさんのページは、ビリビリになってしまいました。
posted by まる at 13:25 | 0歳の時に読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もうねんね」 著者:松谷みよ子 /瀬川康男 出版社:童心社


もうねんね 評価:★★★☆☆


大好きな松谷みよ子さん作品。
息子の反応は、正直、イマイチでした。
同じ松谷さん作品の、「いないいないばあ」が、
ワクワク感たっぷりなのに比べ、
こちらは大人しすぎたかな?
でも、絵のタッチがやさしく、リズムがゆっくりなので、
読んでいて優しい気持ちになれます。
寝る間際に読むといいかも。

posted by まる at 13:14 | 0歳の時に読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「いないいないばあ改版」 著者:松谷みよ子 /瀬川康男 出版社:童心社


いないいないばあ改版 評価:★★★★★
 
松谷みよ子さんの代表作品ともいえる、
1967年初版の、大ロングセラー本。
私自身、小さい頃、母に読んでもらいました。
いないいない…から、次のばあ!のページをめくるまで、
息子のワクワクした顔と、キャハハと笑う笑顔がたまりません。
0歳時代、息子が一番気に入っていた絵本です。
posted by まる at 18:27 | 0歳の時に読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。