メニュー
絵本の読み聞かせについて
良い絵本の見極め方
0歳児向けおすすめ絵本
1歳児向けおすすめ絵本
2歳児向けおすすめ絵本
3歳児向けおすすめ絵本
4歳児向けおすすめ絵本
5歳児向けおすすめ絵本
6歳児向けおすすめ絵本
ママ向け、おすすめ本
0歳の時に読み聞かせた絵本
1歳の時に読み聞かせた絵本
2歳の時に読み聞かせた絵本
3歳の時に読み聞かせた絵本
4歳の時に読み聞かせた絵本
注) 読み聞かせた絵本の評価は、管理人個人のものです





2009年11月28日

バーバパパのアフリカいき  のレビュー  著者:アネット チゾン/タラス テイラー   訳:山下 明生  出版:講談社

  評価:★★★☆☆


〔レビュー〕

バーバパパは、列車に乗って出かけようとしたけれど、
体が大きくて、乗ることができません。

動物達と一緒に、貨物列車に乗ることになりました。

貨物列車の中には、オリの中で、
シクシク泣いてる動物達。

アフリカに帰りたいよう。。。


たくさんの動物が出てくるのはいいんだけれど、
ストーリーが淡々と進んでいる感じがするのと、
バーバ家族の登場人物が1人というのも、
物足りないかな。

(読み聞かせた時期 4歳7ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 18:48 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ぼくのロボット恐竜探検 のレビュー  著者:松岡 達英  出版:福音館書店

  評価:★★★★☆


〔レビュー〕

パジャマ姿の男の子。
ベッドの上で、恐竜とロボットで遊んでいます。

すると、いつの間にか男の子は、
お友達のミヨちゃんと、ロボットの中に
入り込んでしまいました。

時代は、白亜紀。
ロボットを操縦し、恐竜探検に出発だ!

男の子の好きな、恐竜とロボットのミックス技で、
ワクワク、ドキドキ、スリル満点の絵本です。

見開きいっぱいに、
ロボットの内の構造が描かれているのもいいですね。
物語に入り込んで、自分が本当に操縦しているような
気分になれると思います。

恐竜の姿はリアルで、名前もわかるようになっていますよ。
(読み聞かせた時期 4歳5ヶ月)


untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪









posted by まる at 11:39 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパとふたりで のレビュー  著者:アリサ・サテン カプチーリ  イラスト:ティファニー ビーク  翻訳:片山 令子  出版:ポプラ社

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

同シリーズのママとふたりで (ポプラせかいの絵本)がとってもよかったので、
こちらも読み聞かせました。


パパとふたりで、
ハイキングをしたあのとき、
すなはまで かいをひろったあのとき、
おちばをあつめて やまをつくったあのとき、

〇〇したとき、△△したね、
と、子どもの目線で物語が展開されていきます。

主人公は、うさぎの親子なんだけど、
よく見ると、ねずみの親子もついてきます。
イラストを見るだけでも楽しい、
シンプルなしかけ絵本です。
(読み聞かせた時期 4歳5ヶ月)


untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪






posted by まる at 11:23 | 絵本の読み聞かせについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママとふたりで のレビュー 著者:アリサ・サテン カプチーリ  イラスト: ティファニー ビーク  翻訳:片山 令子  出版:ポプラ社

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

春夏秋冬、昼と夜…。

ママとふたりで過ごしたあのときを、
子どもの目線で思い出しながら、
一つ一つの場面を温かく描いてあります。

子どもは、ママとふたりでいるだけで、
毎日がみんな、嬉しくて楽しい一日になるんですね。

心が、ほんわか温まる、優しい絵本です。

ぱたぱためくれる、しかけもあるので、
一つのページに奥行きがあり、楽しめるのもいいです。
(読み聞かせた時期 4歳5ヶ月)



untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪





posted by まる at 11:12 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガオ のレビュー  著者:田島 征三  出版:福音館書店

  評価:★★★☆☆


〔レビュー〕

あるひ やまいぬは おおごえで ほえたくなった

ガオ!

やまいぬの元気は、声となって、体から飛び出し、
蛇に変わり、鳥になり、かえるになって…。

やまいぬも、ガオの文字も、
木の実で描かれています。

同じやまいぬでも、木の実の種類が変わると、
表情も一遍!

色んな木の実が寄せ集まり、
物語が展開されていく摩訶不思議な絵本です。
自然の力を感じられるのもいいですね。
(読み聞かせた時期 4歳5ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 10:50 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。