メニュー
絵本の読み聞かせについて
良い絵本の見極め方
0歳児向けおすすめ絵本
1歳児向けおすすめ絵本
2歳児向けおすすめ絵本
3歳児向けおすすめ絵本
4歳児向けおすすめ絵本
5歳児向けおすすめ絵本
6歳児向けおすすめ絵本
ママ向け、おすすめ本
0歳の時に読み聞かせた絵本
1歳の時に読み聞かせた絵本
2歳の時に読み聞かせた絵本
3歳の時に読み聞かせた絵本
4歳の時に読み聞かせた絵本
注) 読み聞かせた絵本の評価は、管理人個人のものです





2009年09月14日

かえるくんにきをつけて のレビュー  著者:五味太郎  出版:偕成社

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

小生意気で、威張りんぼうのかえるくんが、
ツボにはまります。
良い子が多い絵本の世界では異端児で、
惹かれてしまうのかもしれません。

初めから終わりまで、
ひたすら、かえるくんが話しかけてきて、
手品やクイズで楽しませてくれます。

息子は、「ぺろっ」っと、下を出す場面が、
一番のお気に入り。

ガキ大将をイメージして読み聞かせました。
(読み聞かせた時期 4歳4ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 20:30 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

サラダでげんき のレビュー  著者:角野 栄子 イラスト:長 新太  出版:福音館書店


  評価:★★★★★


〔レビュー〕

国語の教科書にも載っている絵本。

りっちゃんは病気になったお母さんのために、
サラダを作ることにしました。

すると、動物たちが次々にあらわれて、
サラダ作りのアドバイスをしてくれます。

かつおぶしを入れるといいよ と、ねこ。
ハムを入れるといいよ と、いぬ。
おさとうを入れるといいよ と、あり。

北極海のシロクマは、
ウミノコブイレロ と、電報を送ってくれました。

最後はなんと、アフリカゾウまで!!

この、ゾウの登場が、迫力満点で面白いです。

長 新太さんの、
あの独特のイラストを眺めるだけでも楽しいのですが、
楽しさの中にも、お母さんを想い頑張るりっちゃんの姿が、
健気で心打たれます。
(読み聞かせた時期 4歳1ヶ月)





untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 22:44 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じかきむしの ぶん のレビュー  著者:松竹 いね子(文)/堀川 真(イラスト)  出版:福音館書店


  評価:★★★★★


〔レビュー〕

おひさまいっぱいのなつ 
「ここがいいわ」と飛んできたのは、
じかきむしのお母さん。

お母さんは、葉っぱに卵をぷちんと産みました。

「たくさんたべて おおきくなるのよ」

しばらくして、卵から出てきたのは、
じかきむしの “ぶん”

ぶんは、大きくなるため、
たくさん葉っぱを食べます。



さくさくたべると トンネルできる
さくさくたべると うんちもでるよ
ぽとぽとぽと



幼虫だったぶんが、葉を食べ、
やがて、さなぎになり、成虫になっていく姿を
描いてあります。


さくさくと、ぶんが葉を食べていると、
いろんな虫が「一緒に遊ぼう」と誘いにくるのですが、
「ぼくまだちいさいんだ たくさんたべておおきくなったらね」
と、ぶんは答えます。

このセリフが、子どもとリンクするので、
子どもは感情移入しやすいと思う。

最後、森の広場では、
楽しそうに遊ぶ、ぶんの姿が描かれていて、
気持ちがいいです。

イラストは、色鮮やかで、虫の表情も優しい。
何度も読みたくなる一冊です。
(読み聞かせた時期 4歳1ヶ月)



untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 22:26 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

かかかかか  著者:五味 太郎  出版:偕成社

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

五味太郎さんの絵本。
以前、るるるるるを読んで、とっても楽しかったので、同じシリーズを読み聞かせました。

この絵本、出てくるのは、「か」「が」のみ。
でも、十分、読み応えがあります。

ストーリーは、蚊が飛んできて、
「か」から始まるものを、次々と刺していく、というもの。

かえる、カメレオン、かば、カンガルー…etc。

文字は、たった2種類ですが、
その2文字を、どう読むかで、面白さが変わると思います。

小さい「か」 痒い「か」 震える「か」 驚く「か」
ゆっくり読む?リズミカルに?ここは、迫力出して読む?

いろんな読み方で楽しめる絵本です。

刺された後の、それぞれのリアクションや、
刺す前、刺した後の、蚊のリアクションも楽しいですよ。
(読み聞かせた時期 4歳0ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪





posted by まる at 15:02 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

はっぱのおうち のレビュー  著者:征矢 清/林 明子  出版:福音館書店

  評価:★★★★★


〔レビュー〕

さちが庭で遊んでいると、雨が降ってきました。

でも へいき。
さちには かくれるおうちが あるんだから

葉っぱのおうちには、いろんな虫がやってきます。
かまきり、ちょうちょ、こがねむし、てんとうむし…。


みんな おなじうちの ひとみたい


みんなで雨宿りしているうちに、空は明るくなりました。

ほんとのおうちにかえろう。
みんなかえろう。 おかあさんが まってるもん。



スーッと心に入ってくる、優しいストーリーです。

大きな展開が無いので、正直、すぐ飽きると思ったのですが、
息子は、とてもハマッていました。
1回読んだだけじゃわからないと思うけど、
葉っぱのおうちには、いくつかの隠しキャラがいるんです!
まぁ、隠しキャラというと大げさかもしれませんが、
でも、文には出てこなかった虫を見つけるたびに、
大喜びしてました。
左上にいるのは、大人でも、なかなか気づかないと思いますよー。
(読み聞かせた時期 4歳0ヶ月)




untitled.bmp

↑ 絵本のサイトが勢揃い!当サイトも登録してます。
応援クリックしていただけると嬉しいです♪




posted by まる at 22:54 | 4歳のときに読み聞かせた絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。